戻る

ガストン-ルイ・ヴィトンが生んだウィンドウ・ディスプレイの美学

かつてのガストン-ルイ・ヴィトンが描いたスケッチから着想を得て──21世紀に蘇るルイ・ヴィトンの新たなウィンドウ・ディスプレイをお楽しみください。

ガストン-ルイは優れた洞察力と高い美意識を兼ね備え、その時代を謳歌しながらも未来に目を向けていた人物でした。彼はさまざまな分野に興味を持ち造詣が深く、店舗のウィンドウ・ディスプレイのデザインに対しても独自のこわだりがありました。当時、ウィンドウ・ディスプレイは毎週のように変わり、1920年代当時の美学にも精通していたガストン-ルイは、自らの情熱により幾何学的でジオメトリックな観点から数多くのディスプレイを考案しました。彼が描いたそれらのモダンな「風景」は今日も色褪せることはありません。

1925年にガストン-ルイは、デザイン雑誌「Vendre」に寄せたウィンドウ・ディスプレイをテーマにしたエッセイでこのように語っています。「ウィンドウ・ディスプレイというアートは、建築に対する鋭いセンスとステージ・ディレクターとしての能力という両方の要素を含んでいる」。彼はこの文章をさらに詩的な表現で締めくくり、「好奇心を掻き立てられるブティックが建ち並ぶ絵のように美しい過ぎ去った時代の街路──それらは永遠に失われてしまった。19世紀の街路は味気なかったが、この新たな世紀には変化の風が吹いているようだ。だからこそショップオーナーは、店頭のショーウィンドウを上品でモダンなファサードへと改装した。街路を心浮き立つような空間へと変えてゆこうじゃないか...私たちの日々の新たな取り組みにより、道行く人々の興味を惹き、彼らが散策したいと思うように」。

タグ: ガストン-ルイ・ヴィトン, ウインドウ・ディスプレイ, 過去そして現在