戻る

エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトン 「ROMANIAN SCENES(ルーマニアの風景)」展

エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトンの新たなエキシビションではルーマニアのコンテンポラリーなアート・シーンとクリエイティブな世界形態を体感いただけます。

2013年10月11日(金)より2014年1月12日(日)までパリのエスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトンでは、「ROMANIAN SCENES(ルーマニアの風景)」と題したエキシビションを開催しています。アイデンティティとスタイルの独自性を主張する厳選されたアートワークを展示し、内なるもの(彼ら自身)と外界(世界)の間を揺れ動くアートシーンを紹介します。
ブカレストに住む比較的古い世代を代表するアーティスト、ゲイト・ブラテスクは、「意識の流れ」の考え方に基づくドローイング・シリーズの中で旅のテーマを追求し、イオン・グリゴレスクは、写真を通じて過ぎ去った時代の証言者となりました。クルジュでは、若い世代のアーティストたちがアカデミックな絵画手法を取り入れ、誰もなし得ていない新たな分野を創造しています。ダン・ベウダンはグラファイトを用いて自らの作品の登場人物をアイコンへと変え、シモン・カンテミール・ハウズイは自身のポートレートをまるで抽象画のような作品に仕上げています。セルバン・サヴは日常生活に潜むうわべだけの陳腐さを描写しています。

タグ: Espace culturel, エキシビション