戻る

『Monuments of Traffic(交通のモニュメント)』

エスパス ルイ・ヴィトン東京では2013年9月1日(日)まで『Monuments of Traffic(交通のモニュメント)』を開催中です。

1960年代のメディアアート、ポップアートのパイオニアとして名高いドイツ人アーティスト バイルレは、自身のキュレーションを通じて、会場をミニマルでありながらどこかユーモラスな空間に仕立てました。本展のために制作した『Conducteur(指揮者)』を軸に、バイルレは自身の世界を再構築します。

新作『Conducteur』はいわば“動く彫刻”。スチールの支柱にスピーカーが置かれ、その上にワイパーが設置されている──という一見すこし奇妙なこの作品、その名の通り、ワイパーのアーチがリズミカルに動くさまがまるで空間全体を統括する指揮者のようでどこかユーモラスです。“彼”が動き出すと流れ出すエリック・サティの『家具の音楽(1917)』、そしてそこに混じるワイパーの原音で構成されたミニマル・ミュージックのコラージュが空間に響きわたり、不思議な空気感でそのほかの作品を包み込みます。

 エキシビションの詳細はこちらから

©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo

タグ: