戻る

2015春夏メンズ・コレクション 広告キャンペーン

未踏の地への冒険へ──インドの北西部に位置し、かつてマハラジャたちが治めた土地、ラジャスタンから着想を得た春夏メンズ・コレクションは、洗練を極め、かつタイムレスなスタイルを追求しました。

メンズ スタイル・ディレクターのキム・ジョーンズは、「前回のコレクションは上空から地球を見下ろすようなイメージでしたが、今回は地上から星空を見上げています」と語ります。

ラジャスタンを旅するなかでキム・ジョーンズの目に留まったのは、当時のマハラジャ、サワイ・ジャイ・シン。彼は18世紀初めにピンクシティとして知られるジャイプルの街を築き、公園に囲まれた独創的な天文台、ジャンタル・マンタルを建造した人物――これらが今シーズンのインスピレーション源となりました。

ジャイプルの街並みや水の都と呼ばれるウダイプルの宮殿、当時マハラジャたちが狩りに興じた土地ランタンボア、さらにはアーグラに佇むタージ・マハルに至るまで──欧州の文化が花開く500年、600年前から続くインド悠久の美と現代という視点が、ルイ・ヴィトンによって新たな形で融合し、精巧に装飾されたファブリックやスタイリッシュなミリタリー風の仕立て、独創的なスポーツスタイルなどを見事に織り交ぜたデザインが繰り広げられました。

広告キャンペーン&ルックはこちら

タグ: キム・ジョーンズ, メンズウェア, インド, 広告キャンペーン