戻る

LOUIS VUITTON FOR UNICEF

ルイ・ヴィトンは、シリア内戦で被災した子供たちへの支援を訴えるユニセフに賛同します。

ルイ・ヴィトンは、2016年1月にユニセフとパートナーシップを結び、緊急支援を必要とする子供たちを支援することを約束しました。それ以来、子供たちの命を守る人道支援のために400万ドルを超える資金を集める手助けをしています。

ユニセフによるシリアの子供たちへの支援プログラムの知名度向上と資金集めのために行うルイ・ヴィトンの取り組みの一環として、レバノン系オーストラリア人でグローバルに活躍するファッションモデルであり、人権法を学んだ経験を持つジェシカ・カハワティがヨルダンのザータリ難民キャンプを訪問しました。

「ザータリ難民キャンプへの今回の訪問は非常に意義深いものでした。胸が張り裂けそうな想いもしましたが、同時に希望にも溢れていました。教育の力を信じ変わりつつある、驚くほどさまざまな世代の子供たちと逢うことができました」と、ジェシカ・カハワティは語っています。

「ここにいる子供たちは、とても多くのことを私に教えてくれました。逆境にあっても微笑み続けることや、私に手作りの愛らしいギフトをくれるような寛大さ、勤勉で常により良い未来を想い描いていること...国際社会はこうした子供たちの教育と幸福のための出資を今後も続けていくことが必要です。いつの日かシリアに平和が戻る時、彼らが祖国を再建していくために──」と言葉を続けました。

ユニセフとの共同チャリティ・プロジェクト「LOUIS VUITTON FOR UNICEF」の目的は、ユニセフの活動資金を集め、紛争、疾病、自然災害に苦しんだり、安全や快適な生活を脅かされる状況にある子供たちへの支援を行うことです。

ルイ・ヴィトンは今後もこうした活動を続けてまいります。ぜひ、この支援の輪にご参加ください。

#MAKEAPROMISE #WorldChildrensDay

チャリティ・プロジェクトの詳細はこちら
ユニセフへ直接寄付する場合はこちら

タグ: ユニセフ, シルバー・ロックイット