戻る

ルイ・ヴィトン、環境への取り組みを強化

「優れたデザイン、持続可能な取り組み、そして良いビジネスはすべて隣り合わせです」──マイケル・バーク

環境を守り続けるというLVMHグループの取り組みから25年が経った今日──ルイ・ヴィトン CEOのマイケル・バークは、メゾンの最新4輪トロリーに触れながら、環境に優れた製品開発の向上は、お客様の製品に対するさらなる満足に繋がると語りました。

ルイ・ヴィトンの4輪トロリーは、メゾンの環境への取り組みを体現する代表的な例と言えます。アルミ製の素材、品質が50%向上したキャンバス、本体に合成材を使用するなど、これまでになく軽量で堅牢な作りになり、トラベラーにこの上ない快適な旅を約束。さらに、使用時はCO2からの悪影響を20%削減しています。

高度な特許技術を必要とするのはもちろん、フランス国内での部品の調達や組み立てにこだわることで、製品の移動を最小限に抑えています。メゾンのサヴォアフェール(匠の技)と環境への最適な取り組みの両方を実現し、生産されているのです(ルイ・ヴィトンのアニエールのアトリエはISO14001認定)。

また、4輪トロリーの頑丈さは工学を駆使したデザインによって生み出されています。環境への影響を減らすため、長持ちするように工夫されたデザイン──本製品のリペアの70%は、ルイ・ヴィトンの店舗にて数日で完了することから、移動を最小限に抑え、高品質なサービスをご提供しています。「実際、持続的発展はデザイナーの友達なのです」と、マイケル・バークが語るように──

タグ: 環境, ホライゾン, マイケル・バーク