戻る

LOUIS VUITTON FOR UNICEF

ルイ・ヴィトンはユニセフと提携し、今すぐ助けを必要としている子供たちに手を差し伸べます。

2016年──ルイ・ヴィトンとユニセフは、世界各地で最も弱い立場にある子供たちを支援するために、グローバル・パートナーシップを締結いたしました。当パートナーシップの目的は、ユニセフへの支援を通じて、紛争や自然災害、さらには伝染病など、安全や快適な生活を脅かすさまざまな危険にさらされている子供たちを支援することです。

ルイ・ヴィトンは、世界各地でも弱い立場にあり、緊急支援を必要とする子供たちを支援することを約束し、ルイ・ヴィトンの社員とともに、資金集めならびに活動への意識を高める活動に力を尽くします。このキャンペーンのために特別に製作された「シルバー・ロックイット」は、Commitment(誓約)とProtection(保護)を象徴し、ルイ・ヴィトンが子供たちを支援するという約束の証です。本製品は、世界各地のルイ・ヴィトン ストア(2016年1月13日より)ならびに当サイトにてご購入可能で、ペンダントまたはブレスレット(それぞれ税抜¥60,000)1製品の売り上げごとに$200が、あなたに代わってユニセフに寄付されます。

ルイ・ヴィトン会長兼CEOを務めるマイケル・バークは、「ユニセフは、人道支援のリーダーとして、力強くそして信頼できる存在です。ルイ・ヴィトンとユニセフは、最も弱い立場にある子どもたちに本当の変化をもたらすため、共に取り組みます」と述べています。

チャリティ・プロジェクトの詳細はこちら

タグ: チャリティ, シルバー・ロックイット, ユニセフ