戻る

ルイ・ヴィトンとニコラ・ジェスキエール

ルイ・ヴィトンは、レディース・コレクションのアーティスティック・ディレクターとしてニコラ・ジェスキエールの起用を発表いたします。

ルイ・ヴィトンは、現在最も素晴らしい才能をもつデザイナーの1 人であるニコラ・ジェスキエールを迎えることができることをとても嬉しく思っております。彼は、洗練、サヴォアフェール、そして究極の品質という、1854 年の創業当時からルイ・ヴィトンがメゾンとして大切にしてきた価値観を基礎として、レディース・コレクションにさらにモダンでクリエイティブなヴィジョンをもたらしてくれることでしょう。

「私にとってルイ・ヴィトンは常に究極のラグジュアリーのシンボルであり、革新と未知の世界への探検を象徴する存在となっています。私は今回このミッションをいただいたことをとても光栄に感じると同時に、この偉大なメゾンの歴史の一端を担うことを誇りに思います。私たちは共通の価値とヴィジョンを共有しています。メゾンのチームの一員となることが待ち遠しくてたまりません。私たちはともに、ブランドが過去から受け継ぐ貴重な遺産を守りながら、未来を築いていきます。」ニコラ・ジェスキエールはこのようにコメントしています。

ニコラ・ジェスキエールが手がける初のルイ・ヴィトン  レディース・コレクションは、2014年3月にパリで発表される予定です。

タグ: コラボレーション