戻る

「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」にて『Keys to a passion』展を開催中

2015年4月1日(水)から7月6日(月)までの期間中、「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」では『Keys to a passion』展を開催しています。

オープニングプログラムの第3弾として「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」は、2015年4月1日(水)から7月6日(月)までの期間中『Keys to a passion』展と題した貴重なエキシビションを開催。このエキシビションでは、モダニズムの発展に重要な役割を果たし、20世紀の美術史を変えた著名な作品が一堂に会します。モンドリアン、マレーヴィチ、ロスコ、 ドローネー、レジェ、 ピカビア、ムンク、ディクス、ジャコメッティ、マティス、クプカ、セヴェリーニなどの作品が展示されます。

『Keys to a passion』展では、「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」とフランス国内外の著名な美術館との協力関係を見ることができます。作品は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館をはじめ、ロンドンのテート・モダン、ニューヨークのMoMA、オスロのムンク美術館、ニューヨークのグッゲンハイム美術館、ハーグのデン・ハーグ市美術館、サンクトペテルブルクのプーシキン美術館、オッテルローのクレラー・ミューラー美術館、サンクトペテルブルクの国立ロシア美術館、パリのポンピドゥー・センター国立近代美術館、チューリッヒのクンストハウス、ロサンゼルスのMOCAなどから出品されています。

また、2015年6月12日(金)と13日(土)には、多くの国際機関が共有するさまざまな問題に取り組むシンポジウムが開催されます。同シンポジウムでは、「現代における美術品収集の意義」「美術史に名を残す現代のアーティストは誰か」「美術市場が今後の展望に与える影響」「アイコンとなる作品の条件」などのテーマを取り上げます。

『Keys to a passion』展では、キュレーターにスザンヌ・バジェとベアトリス・パレン、サイエンス・アドバイザーとしてイザベル・モノ・フォンテーヌを迎えました。

タグ: フォンダシオン ルイ・ヴィトン, エキシビション