戻る
LV THE BOOK

クリストファー・ネメスの世界

キム・ジョーンズは最新コレクションで、大胆かつ温かみのあるファッションセンスで知られるクリストファー・ネメスのエスプリを再解釈しました。最高にスタイリッシュなネメスの世界観に心からのオマージュを捧げて──
左から: グラフィカルで脱構築的なロープ・モチーフ。デザイナーのスタジオにて、モデルのジェニー・ホワースが身に着けたボーイッシュなルック。キム・ジョーンズをインスパイアしたクリストファー・ネメスの世界。

優美なエスプリを感じさせるルイ・ヴィトン 2015秋冬メンズ・コレクションには、クリストファー・ネメスの詩的な世界が広がっています。彼は画家、イラストレーター、そしてファッションデザイナーとして活躍し、2010年に51歳で他界。針と糸は、彼にとって絵の具と絵筆のようなものでした。今でもブリティッシュ・ファッションのアイコンであり、変化し続けるロンドンの反逆的なエネルギーを象徴しています。10代の頃からネメスのファンであり、幸運にも彼と直接会う機会があったキム・ジョーンズは、いつか一緒に仕事をしたいと願っていました。ネメス自身はこの世を去りましたが、彼のシグネチャーだったロープ・モチーフを再解釈し、クルーネックセーターやダッフルコートにあしらうことで、キム・ジョーンズは強烈なオマージュを捧げ、ネメスのエスプリを蘇らせたのです。

1980年代当時、不景気に見舞われた「未来のない」イギリスで、クリストファー・ネメスは自身のために洋服をデザインしはじめました。テーラードスーツを分解して再構築し、そのプロセスの跡を残しながら、針と糸で剥き出しのアートを創造したのです。キム・ジョーンズはこのように述べています。「ファッションは社会を映し出します。困難な時代には新たなチャレンジに挑み、限界を押し上げる必要があります。ネメスは、それを実行したのです」。これは、最先端テクノロジーにカッティングの技を融合させるなど、キム・ジョーンズが実行していることでもあります。そうして生まれたのがシンプルでエレガントなシルエットであり、ネメスが好んだロープのねじれたライン、ボタンや安全ピンなどの感性豊かなディテールが詩的な趣を加えています。

キム ・ ジョーンズによる2015秋冬コレクションで再解釈されたネメスのロープ ・ モチーフ。

タグ: メンズ, ファッション, キム・ジョーンズ, クリストファー・ネメス