戻る

エスパス ルイ・ヴィトン東京 『IN SITU-1』展

エスパス ルイ・ヴィトンは、初の試みとしてパリ・東京・ミュンヘンの3館共同エキシビション『IN SITU-1』を開催中です。女性アーティスト3名が、in situ(その場で)作品の制作を行います。

「展覧会」という枠を超え、「体験」をもたらすこれまでにないエキシビション──アーティストがまるで自身のアトリエであるかのように、その場で制作を進めていきます。オープンアトリエと化したエスパスで、来場者とアーティストは日々進化を遂げる作品の制作過程を共有することができるでしょう。

エスパス ルイ・ヴィトン東京ではソ・ミンジョンが会期中、自身の「アトリエ」へと鑑賞者を迎え入れます。彼女は詩的かつ象徴性の高いインスタレーションを制作し、「創造と破壊」という概念のダイアログを大胆な手法で確立。ポリスチレンや陶器といった脆く繊細な素材を用い、それらを彫刻したり、砕いたり、傷つけることによって、生の儚さと不確実性、瞬間や時の概念を想起させます。

空白のページから始まったエキシビション、日々の進化を経て佳境を迎える制作現場、そして完成間近の作品──ぜひ実際に会場でご覧ください。なお、完成作品は2015年1月4日(日)まで一般公開予定です。

 『IN SITU-1』
会期: 2014年9月13日(土)~ 2015年1月4日(日)
会場: エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道ビル 7 階
電話: 03-5766-1094
開館時間: 12:00‐20:00
休館日: 不定休
入場料: 無料

 エキシビションの詳細はこちら

©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat, Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo

タグ: エキシビション, Espace culturel, 写真