戻る

ポーツマス大会、母国チームが制覇──ルイ・ヴィトン アメリカズカップ ワールドシリーズ

ルイ・ヴィトン アメリカズカップ ワールドシリーズ、ポーツマス大会を制した「ランドローバーBAR」チーム──3レース展開された7月24日(日)の最終日、彼らが第2位に入ったことが総合的に、今回の優勝の決め手となりました。

イギリスファンの期待の星であるサー・ベン・エインズリー選手は「ランドローバーBAR」チームの勝利によって、数千人の観客を歓喜に沸かせました。彼は記者会見で、「昨年、新たなチームで本大会の優勝を果たすことができたのは本当に最高でした。もちろん今年もまた優勝を目指します」と、まるで優勝を予言するかのようなコメントをしていました。

当日は、ケンブリッジ公爵夫妻によってトロフィーの授与式が行われ、ポーツマスの地元ファンたちの週末を飾るのに相応しい最高なイベントとなりました。

また今回の勝利は、ルイ・ヴィトン アメリカズカップ ワールドシリーズ全般のリーダーボードにイギリスのチームをトップの座へと導き、「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」を第3位へ、「オラクル・チームUSA」を第2位へ、「ソフトバンク・チーム・ジャパン」を第4位へ、「アルテミスレーシング」を第5位へ、そして「グルパマ・チーム・フランス」を第6位へ繰り下げる結果となりました。

レースの詳細やレジャーからエレガントな装いまで多彩なライナップが揃う「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ」コレクションはこちら

タグ: アメリカズカップ, セーリング