戻る

グザヴィエ・ドランがグランプリを受賞──2016年度カンヌ国際映画祭

5月22日(日)に開催されたンヌ国際映画祭で、グザヴィエ・ドランの最新作『It's only the end of the world(まさに世界の終り)』がグランプリを受賞しました。

第69回カンヌ国際映画祭にて、2度目の受賞を果たしたカナダ人監督のグザヴィエ・ドラン。2014年、自身の第5作目『マミー』で審査員賞を受賞したのに続き、今年は最新作の『It's only the end of the world(まさに世界の終り)』でグランプリを受賞しました。

クロージング・セレモニーでグザヴィエ・ドランは、作家アナトール・フランスの名言「私は賢さからくる無関心よりは、熱中した馬鹿さかげんのほうが好きだ」をスピーチの最後に述べ、会場を感動に包み込みました。

Photo by Venturelli/WireImage

タグ: 映画, カンヌ, イベント