戻る

コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン

ガストン-ルイ・ヴィトンの膨大なプライベートコレクションの中から、カラフルでサプライズなフォトシリーズを少しだけご紹介します。

ヴィトン家の3代目、ガストンは、さまざまな分野に造詣が深い人物で、彼の多方面に渡る興味が、ルイ・ヴィトンの歴史の礎となりました。彼の好奇心と旅に対する考え方、そして新たなテーマに対するチャレンジ精神により、ガストンの試みは直接的にも間接的にもファミリービジネスの未来に影響を与えることになったのです。

少年時代から博識なコレクターだったガストンは、数多くのトランクや旅にまつわる古い品々を骨董商や競売で入手し、書籍や印刷物、その中でも特にホテルを利用する客のトランクに貼られるホテルのステッカーを収集しました。また、彼は自らのデザインや建築的センスを当時の気鋭のアーティストたちとのコラボレーションという形で表現し、機能的かつ装飾的な美しさを持つ小型のケースやフラスコ瓶、トイレタリーキットなどのアイテムを製作しました。

これらの写真から、ガストンのコレクションが膨大かつ、その収集分野が多岐に渡っていたことが見てとれます。こうした貴重な「お宝」のほとんどが、ファミリービジネスを発展させるためのインスピレーションになったのです。その他にもルイ・ヴィトンのスーツケース「Despatch Box」やクリスタルボトルセットなどからも、絶えずブランドとしての活動範囲の拡大と技術的なアプローチの向上を目指していたことが分かります。

このアタッシュケースはガストンの私物で、誰にもに気づかれないように書簡や書類をそっと差し込むことができるサイドスロットを備えるなど、ユニークな機能性と卓越したクラフツマンシップを見事に体現しています。

タグ: ガストン-ルイ・ヴィトン, アーカイヴ, 写真