戻る

アーティスト・コラボレーション「Foulards d'Artistes」 ──世界を巡るストリートアート

引き続き2014年春夏も展開する、ルイ・ヴィトンとストリートアーティストによるシルクスカーフのコラボレーション。世界の活気溢れるストリートアートシーンを巡る今回の旅では、3つの異なる大陸から新たに3人のアーティストとのコラボレーションをご紹介します。

カリフォルニア出身のケニー・シャーフは、1980年代初頭のニューヨークのアートシーンに登場したアーティストです。絵画、彫刻、パフォーマンスの分野に傑出し、著名なキース・へリングなどと並び称されるアーティストの一人。ファインアートとポップカルチャーの融合というプロセスを追求するケニー・シャルフは、大判のシルククレープ織りのスカーフに、ぼかしたサイケデリックな背景に浮かぶ天体のモチーフとシンボルのカラフルなコラージュを描きました。

アンドレ・サレヴァの作品では彼のスタジオ「drop cloth」から着想を得て、モノグラムのショールを再解釈しました。ひとたび彼の手に掛かるとラグジュアリーなシルクやウールのショールにもペイントが飛び散り、このアーティストのシグネチャーとなっている非対称の瞳をもったキャラクター「Mr. A」が出現します。このキャラクターは、パリやその他の数多くの国際的な都市のウォールアートやアートギャラリーにも登場しています。

インカの太陽の神である「INTI」。その名にちなんで、アーティスト インティは古代アンデス文明から着想を得て歴史的なモニュメントを輝くような鮮やかな色彩で描き出しました。彼はティワナク文明の神ヴィラコチャをイメージした、ゴールドとオレンジの温かみのある色調の太陽のモチーフで、大判のスカーフに新たな解釈を加えています。

アーティスト・コラボレーション「Foulards d'Artistes」 コレクションはこちら

タグ: アクセサリー, コラボレーション, André Saraiva, スカーフ