戻る

「Celebrating Monogram」 ─ マーク・ニューソン

「Celebrating Monogram」プロジェクトに参加した6人のアイコノクラストたち── その多彩なクリエイティブ・ストーリーを、6人のフォトグラファーやディレクターが独自の視点で伝えます。

同世代のクリエイターの中で、最も影響力のあるインダストリアル・デザイナーとして知られるマーク・ニューソン。彼は「Celebrating Monogram」プロジェクトへの参加にあたり、真に機能的な作品を創ろうとしました。完成した作品はピュアで、まるで彫刻のようなバックパック──「私はモノグラムの持つ機能的な品質に挑んでみたかったんだ。なぜモノグラム・キャンバスは発明されたのか、という理由に立ち返ると、それは耐久性に優れ、天候に左右されないキャンバスを作りたかったからだろう。でも私は敢えてそれを冒険してみたかった。物事を真面目に考えすぎることはあまり好きではないんだ」。

こういった二極的なアプローチは、マイケル・アヴェドンがこのコラボレーションを捉えた写真の中にも息づいています。今は亡き偉大なフォトグラファー、リチャード・アヴェドンの孫でもあり、生粋のニューヨーカーでもあるフォトグラファー、マイケル・アヴェドンは、モノクロの35ミリ、ミディアムフォーマットのフィルムを用いることで、マーク・ニューソンの冒険的なアプローチを新しい手法で表現しています。

 「Celebrating Monogram」プロジェクト詳細はこちら

タグ: レザーグッズ, Celebrating Monogram, モノグラム, マーク・ニューソン, 写真