戻る

最新広告キャンペーン「Celebrating Monogram」

ルイ・ヴィトンの永遠のアイコンである「モノグラム」を讃えたプロジェクト「Celebrating Monogram」。その世界観を伝える最新広告キャンペーンをご覧ください。

モノグラムが考案された当時、それは実に画期的なデザインでした。ジョルジュ・ヴィトンによって、ルイ・ヴィトンのイニシャルを模したユニークかつパーソナルなシグネチャーは、瞬く間にタイムレスでユニバーサルなシンボルへと変貌を遂げました。それは、ラグジュアリーブランドへと成長する第一歩であり、世界中に愛されるシグネチャーの象徴となったのです。

そして118年の時を経て──新広告キャンペーン「Celebrating Monogram」でフォトグラファー スティーブン・マイゼルは、6人のアイコノクラスト:クリスチャン・ルブタン、シンディ・シャーマン、フランク・ゲーリー、カール・ラガーフェルド、マーク・ニューソン、川久保玲氏とルイ・ヴィトンの空前のコラボレーションから生まれたコレクションを撮影しました。

それは、モノグラムがあらゆる形で原点に立ち返ったことを意味しています。職人の手によって生み出され、人と人がパーソナルに繋がり、大胆にジャンルの枠を超え、新たな挑戦をし続ける――これはまさにルイ・ヴィトンの未来へと続く旅と言えます。メゾンの伝統を受け継ぐ多彩なアイテムは、ユニバーサルであると同時にパーソナルであり、人々の期待を裏切るコレクションでもあります。

「Celebrating Monogram」プロジェクトの詳細はこちら

タグ: モノグラム, コラボレーション, ジョルジュ・ヴィトン, 広告キャンペーン, 写真