戻る

CELEBRATING MONOGRAM

1854年にトランク製造業者として創業したルイ・ヴィトン。その後、1896年に息子であるジョルジュ・ヴィトンが父親に敬意を表してモノグラムを考案したことにより、ブランドを代表するアイコンが誕生しました。

どんなに長い時を経ても、モノグラムの魅力やその意味は変わることはありません。クラフツマンシップ、アート、デザインの境界線を超えてルイ・ヴィトンは、モノグラムの歴史においてイノベーション、コラボレーション、大胆な発想を生み出してきました。

このような背景のもと今年、ルイ・ヴィトンの「アイコンとアイコノクラスト:Celebrating Monogram」のプロジェクトが誕生しました。本プロジェクトは他の製品とは異なり、モノグラムのパーソナルな側面を思うままに体現しています。それは誰もが知っているモノグラムを、独創的かつ、これまでにない手法で表現するという試み。第一線で活躍し、それぞれの分野を代表する6名のクリエイティビティ溢れるアイコノクラストたちが、ファッション、アート、アーキテクチャー、プロダクトデザインという4つの領域を超え、モノグラム・パターンのキャンバスを素材として、自由なインスピレーションでさまざまなアイテムを生み出します。

クリスチャン・ルブタン、シンディ・シャーマン、フランク・ゲーリー、カール・ラガーフェルド、マーク・ニューソン、川久保玲氏が、過激でユニーク、そして遊び心あふれる手法で、これまでにないコレクションを実現させました。ぜひその作品を映像でご覧ください。

永遠のアイコン「モノグラム」を讃えて ── プロジェクト詳細はこちら

タグ: モノグラム, コラボレーション, ジョルジュ・ヴィトン, ビデオ