戻る

カンヌ・ダイアリー

2012年のルイ・ヴィトン ジャーニーズ・アワーズで審査員特別賞を受賞したジョーダン・シールが、カンヌ映画祭の模様ををダイアリー形式のショートフィルムに収めました。

1946年に初めて開催されたカンヌ国際映画祭は、今日最も権威ある世界的なフィルムフェスティバルの1つとなっています。このショートフィルム・ダイアリーでは、カンヌでのホテルライフやソフィア・コッポラの映画「The Bling Ring」のプレミア・パーティー、レッド・カーペットでのワンシーン、数々のセレブリティとの遭遇など、このイベントをルイ・ヴィトンならではの視点から捉えています。かつてモーリス・シュヴァリエが歌った「You Brought a New Kind of Love to Me」や、映画祭のシネフォンダション部門の理事であるジョルジュ・ゴルダンステルンの声も、このノスタルジーを感じさせるショートフィルムのムードを一層盛り上げています。

ルイ・ヴィトンと映画界の繋がりは、この「カンヌ・ダイアリー」、そしてジョーダン・シールとのアーティスティックなコラボレーションを通して、より一層深まりをみせています。2012年にルイ・ヴィトン ジャーニーズ・アワーズのショートフィルム・コンペティションで審査員特別賞を受賞したジョーダンはその後、権威あるカンヌ・レジデンス・プログラムにも2012年に選ばれ、今年は同映画祭のゲストとして招待されました。

タグ: カンヌ, ダイアリー, シネマ, ソフィア・コッポラ, 特集