戻る

「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」のアートプログラム

「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」は、設立を記念して行われる3日間の特別公開の後、2014年10月27日(月)に一般公開いたします。

ベルナール・アルノーから委託され、フランク・ゲーリーが設計した「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」はパリのブローニュの森の中にあるアクリマタシオン庭園の一角に位置しています。「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」は今後、さまざまなスタイルのアートと密接な関わりを持つことになるでしょう。

この「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」のオープンを記念し、2014年10月から2015年7月の間、3期にわけて多数のアートプログラムが展開されます。それぞれの会期において、特別展やコレクションの展示、音楽イベントをシリーズでお届けする予定です。

第1期 (2014年10月~12月)では、本質的な建築の発見をテーマにした‘voyage of creation (創造の旅)’へと誘います。

− 「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」を設計したフランク・ゲーリーの建築を紹介する本エキシビションは、パリの総合文化施設「ポンピドゥー・センター」協力のもと、ヨーロッパでは初となるフランク・ゲーリーの作品を扱った大規模な回顧展に焦点を当てています。

− 常設コレクションよりさまざまな象徴的作品の展示

− オラファー・エリアソンの作品を含む「建築」をテーマにした特別グループコミッション


また、「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」のホールではさまざまなパフォーマンスが行われ、近々2つの音楽イベントも予定されています。

− 2014年10月28日(火) ラン・ランによるピアノリサイタル

− 2014年11月6日(木)~14日(金) 電子音楽、エレクトロニック・プロジェクトで知られるクラフトワークによる8つの回顧的コンサート・シリーズ


2014年12月と2015年7月に開催される、第2期、第3期のプログラムの詳細は後日お知らせする予定です。

詳細は「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」公式サイトをご覧ください。

タグ: フォンダシオン ルイ・ヴィトン, エキシビション, 後援, フランク・ゲーリー