戻る

ルイ・ヴィトン アメリカズカップ ワールドシリーズ第1戦

ルイ・ヴィトン アメリカズカップ ワールドシリーズの幕開けを飾る素晴らしいレースを制した勝者「ランドローバーBAR」チームが、イギリスのポーツマスで行われた表彰式で祝福を贈られました。

ケンブリッジ公爵夫妻(ウィリアム王子/キャサリン妃)からトロフィとメダルが、そしてマイケル・バークからは、ルイ・ヴィトン アメリカズカップのロゴをエンボスしてパーソナライズされたルイ・ヴィトンのオンブレ・レザーのバッグ「キーポル」が、同チームのスキッパーに授与されました。

表彰式には、ルイ・ヴィトンの最高経営責任者(CEO)であるマイケル・バークのほか、今回のルイ・ヴィトン アメリカズカップ ワールドシリーズの実行委員長であり「ランドローバーBAR」の創設株主兼取締役であるキース・ミルズ卿、アメリカズカップのコマーシャル・コミッショナーであるハーヴェイ・シラー博士が出席しました。

マイケル・バークは表彰式でこう語っています。「アメリカズカップはヨットの世界における聖杯です。人生を賭けた冒険を求めて大海原を駆ける挑戦者たち。アメリカズカップに求められる自由、勇気、技術、能力は、ルイ・ヴィトンの開拓者としてのエスプリを反映しています。我々は、ここポーツマスで、予想をはるかに超えたエキサイティングなレースを目の当たりにすることができ、皆様と共に築き上げてきた歴史の新たな一章が成功裏に幕を開けたことを大変光栄に思います」

アメリカズカップがイギリスで開催されるのは実に164年ぶりとなります。世界的スポーツの中で最古の歴史を誇るトロフィ、アメリカズカップの第1回大会は、1851年にポーツマス沖のワイト島近海で開催されました。1854年創業のルイ・ヴィトンは、1983年からアメリカズカップの主要なパートナーとなっています。

タグ: アメリカズカップ, セーリング, イベント