戻る

ルイ・ヴィトン アメリカズカップとの絆をさらに強化

このたびルイ・ヴィトンは、アメリカズカップと新たなパートナーシップを結びました。アメリカズカップのトロフィーは1851年まで遡り、国際的なスポーツトロフィーとして最古の歴史を誇ります。

ルイ・ヴィトンとアメリカズカップのパートナーシップは1983年にはじまり、長い年月をかけて育くまれてきました。現在では、大胆で独創的な試みと卓越性の追求の代名詞といえます。35回目となる今大会でルイ・ヴィトンは、アメリカズカップへのコミットメントを再確認するとともに、アメリカズカップ ワールドシリーズ、アメリカズカップ クオリファイヤー、チャレンジャー・プレーオフの各タイトルパートナー、並びに第35 回アメリカズカップ・マッチのプレゼンティングパートナーとなることに合意しました。

これまでのところ、次のアメリカズカップへのチャレンジには6チームが参加を表明しています。ディフェンディング・チャンピオンは「オラクルチームUSA」。挑戦艇は「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」、「アルテミス・レーシング(スウェーデン)」、「ベン・エインズリー・レーシング(イギリス)」、「ソフトバンク・チーム・ジャパン(日本)」、そして「チーム・フランス」です。

このパートナーシップは、ルイ・ヴィトンにとって単に素晴らしいスポーツイベントを支援すること以上の意義があります。これは、ブランド創業から現在にいたるまで、ルイ・ヴィトンのなかに変わらず生き続ける先駆的な精神を反映するものでもあります。

タグ: アメリカズカップ, セーリング, イベント