戻る

アンドレ・サレヴァからのポストカード

ルイ・ヴィトンのアイコニックなテキスタイルを通じてアーティストのビジョンを表現するコラボレーション「Foulard d'Artistes」──その最新コレクションを祝して、パリのビジュアルアーティスト アンドレ・サレヴァからポストカードが届きました。

ルイ・ヴィトンとのコラボレーションでアンドレ・サレヴァは、自身のスタジオである「drop cloth」から着想を得て「ショール・モノグラム」を再解釈しました。彼が用いたのは、絵の具を飛び散らせたようなスプラッターペイント技術。ひとたび彼の手に掛かるとラグジュアリーなシルクやウールのショールにはペイントが飛び散り、彼のシグネチャーとなっている非対称の瞳をもったキャラクター「Mr. A」が出現します。この「Mr. A」はパリの街の外壁やギャラリーをはじめ、世界のあらゆる都市でも目にすることができます。

1971年生まれのアンドレ・サレヴァは、幼い頃から壁(=キャンバス)が自分に属しているものだと考えていました。彼はこう語っています。「1981年にパリに来た時、ストリートが自分の学校、そしてスタジオになるのは明確でした。グラフィティ(落書き)は、都市が人々を支配しようとするの対し、逆に都市を自分のものにするための挑戦なのです」と。

アンドレ・サレヴァはパリ、ニューヨーク、ロサンゼルスを拠点に制作活動を行っており、現在はフランスの雑誌「L'Officiel Hommes」のクリエイティブ・ディレクターを務めています。彼の作品はパリをはじめニューヨーク、サントロぺ、ストックホルム、ロサンゼルス、東京など世界中のギャラリーで展示されています。

アーティスト・コラボレーション「Foulard d'Artistes」 コレクションはこちら

タグ: ポストカード, アクセサリー, コラボレーション, André Saraiva, スカーフ