戻る

A LOUIS VUITTON CUP WEEKEND

サンフランシスコ市主催による「アメリカズカップ パーク」がオープンし、サンフランシスコ市長によるテープカット・セレモニーが行われました。

2013年7月4日、陽光降り注ぐサンフランシスコの「アメリカズカップ パーク」のパビリオンは、何千もの観衆で埋めつくされました。集まったファンは参加チームの登場を熱狂的に歓迎し、イタリアのオペラ歌手、スウェーデンの聖歌隊、ニュージーランドのカパハカ(先住民族マオリ族が伝える歌と踊り)など各国のプレゼンテーションを満喫。また、ラスベガスのグループ、「リサイクルド・パーカッション」によるユニークなパフォーマンスも披露されました。

さらに翌日は、参加艇によるパレードやリージョン・オブ・オーナー美術館でのルイ・ヴィトン カップのパーティも開催。

ルイ・ヴィトン カップのパーティでは、「マジック・マジック・オーケストラ」の24名のミュージシャンがゲストを歓迎し、美術館の前でクラシック音楽をライブ演奏。また、各挑戦艇のフラッグの色に合わせた3機の航空機が巨大な透明のシャボン玉の中を優雅に飛行していくアクロバティックなパフォーマンスは観客を魅了しました。

その夜のハイライトであるWOWによるファッションショーでは、それぞれの国の挑戦艇をイメージした「着られるアート」が披露されました。ショーのコスチュームはルイ・ヴィトン カップ30周年を記念して特別に製作されたものでした。

タグ: セーリング, サンフランシスコ, ビデオ