戻る

ダミエ・パターン

1889年、パリ万博――そこで披露されたアイコンバッグは、すぐさま観衆の注目を集めました。エッフェル塔と同じ年に誕生したこのダミエ・キャンバスについてお話ししましょう。

ルイ・ヴィトンのダミエのデザインは、創業者であるルイ・ヴィトンとその息子、ジョルジュ・ヴィトンによるクリエイティブなひらめきの賜物です。2人がダミエ・キャンバスを考案したのはパリ万博の1年前、1888年のことでした。

約1世紀が過ぎた1996年、このパターンはダミエ・エベヌに継承され、「ダミエ」はメゾンの歴史の中でも最も大きな成功のひとつとなりました。それ以降、キャンバス素材のダミエ・アズール、ダミエ・グラフィット(ダミエ・キャンバス誕生120周年を記念したもの)、エンボスレザーのダミエ・アンフィニ、最近ではダミエ・アドベンチャーやダミエ・チャレンジ等、幅広いコレクションを展開しています。

一目瞭然のこの印象的なダミエ・パターンに、ルイ・ヴィトンは今後も新鮮な驚きと多彩な再解釈を加えていくことでしょう。その日が訪れるまで、このショートフィルムでオリジナルのダミエ・キャンバスとその最新コレクションの世界観をお楽しみください。

タグ: ジョルジュ・ヴィトン, ビデオ, ダミエ